肌と心と身体に関わる女性ホルモン 

肌と心と身体に関わる女性ホルモン

40代以降の女性が感じる心と身体の変化には、女性ホルモンが大きく関係しています。

ホルモンは様々な器官や組織をコントロールしており、体のリズムに大きな影響を与えるのが女性ホルモンです。

女性ホルモンは、脳(脳下垂体)から命令を受けた卵巣がつくります。つくられた女性ホルモンは血管から血液に入り、全身を巡り、身体を調整します。

この女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

女性らしさのエストロゲン

エストロゲンは、妊娠に不可欠な卵胞を受精卵へと成長させるために必要なホルモンです。また、血管を強くして動脈硬化を防ぐ役割や血圧やコレステロールをコントロールする作用もあります。

また、心と身体のバランスを整えるために、自律神経は非常に大きな役割を持っていますが、エストロゲンが減少すると自律神経のバランスが乱れてしまいます。

豊富に分泌されていれば、肌や髪の潤いを守ってくれて、女性らしさを引き出すホルモンです。このように女性の健康はエストロゲンによって守られていると言えます。

妊娠をつかさどるプロゲステロン

プロゲステロンは、エストロゲンとともに月経と連動し、約28日の周期で分泌されるホルモンです。生理がはじまって約2週間経つと排卵が起き、この時に増えるのがプロゲステロンです。

プロゲステロンは受精卵の着床のために子宮内膜を整えたり、基礎体温を上昇させたりする働きを担い、妊娠を維持するために働いてくれます。

一方で、体内に水分を保つ作用があるため、体がむくんだり、その他にも腰痛や腹痛、イライラなどの不安定な精神状態をつくり出します。つまり生理のサイクルによって調子や気持ちが浮き沈みする原因となります。

年齢と共に減少する女性ホルモン

女性ホルモンは、30歳半ばまで、分泌は活発に続きます。しかし40歳を過ぎるころになると、分泌量は減少していきます。

次第に生理の周期が不規則になり、やがて50~55歳頃に閉経を迎えます。この閉経前後の10年間が「更年期」と呼ばれ、ホルモンバランスが急激に変化するため、心と身体に不快な症状が起こりがちになります。

女性ホルモンは、年齢とともに減ってくるのは仕方のないことですが、女性ホルモンのバランスが崩れた時に、自分の体に何が起きてくるのかということについて考え、対処していくことが必要です。

今からできること

ダイエットや食生活の乱れ、ストレスや睡眠不足などで身体に負担がかかると、ホルモンバランスは乱れてしまいます。いつまでも健康で輝いている女性であるために以下を心掛けましょう!

  • バランスの良い食事:血液は毎日の食事からつくられます。食事を見直して質の良い血液を作りましょう。
  • 体を積極的に動かしましょう:血液の循環がよくなり、卵巣をはじめ内臓や、筋肉に酸素や栄養を十分に届けることができます。無理なく続けて、体を動かすことを習慣化しましょう。
  • 鍼をすることで血液循環がよくなります:自律神経を介して卵巣血流の改善が認められることが分かっています。

関連記事

  1. ダイエットの耳ツボ

  2. エイジングケアに使いたいオイル

  3. 赤ワインに含まれるレスベラトロールの効果

  4. 腸内にいる〝汚デブ菌〟

  5. 顔の黄金比率、顔の長さ編

  6. 肌が老化する原因の80%は紫外線

  7. 最新研究のアンチエイジング物質

  8. 東洋医学でエイジングケアの時間帯

  9. 美と若さの新常識、シナモンで若返り

error: Content is protected !!