お家でセルフケア、首のコリ

お家でセルフケア、首のこり

東洋医学では、首のコリは『気や血』の停滞によるものだと考えます。

ストレス、姿勢、運動不足、内臓の疲れ、冷えなどに関連しており、首のコリが悪化すると、睡眠障害や慢性的な肩こり、精神的不安、頭痛などの不定愁訴に繋がります。その為、首コリは放置しないように注意しましょう。

首のコリの症状

  • 首の前側が硬くなる方はストレスの影響によることが多い
  • 首の後ろ側が硬くなる方は胃腸が弱い方に多い

首コリに効くツボ

【崑崙・至陰・中渚・えい風】

崑崙や至陰は膀胱経という後頭部〜背中、腰、足を通る経絡上にあるので、背中、腰、足などのコリをほぐすにも有効です。
お風呂で足の崑崙や至陰、手の甲にある中渚、耳後ろのえい風を刺激して、全身の気と血の巡りを良くしましょう。

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください。

【本コラムの監修】

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 円皮鍼(えんぴしん)で小顔・美肌効果

  2. お家でセルフケア、薄毛のツボ

  3. お家でセルフケア、肌荒れのツボ

  4. お家でセルフケア、代謝をあげる

  5. お家でセルフケア、目元のたるみ

  6. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)のツボ

  7. お家でセルフケア(フェイスラインの崩れ)

  8. 東洋医学で診る、肩こりと美肌

  9. 鍼の好転反応(ニキビと余分な熱)

  10. 東洋医学で診る、太りにくい体づくり

  11. お家でセルフケア、顔のむくみ

  12. 【お顔のセルフケア】二重あご・たるみに効くツボ

  13. お家でセルフケア、3つのツボで美顔を保つ

  14. 【お顔のセルフケア】目の下のたるみ・上まぶたのたるみに効くツ…

  15. 「冷え性」などの冷え体質を改善するツボ

error: