お家でセルフケア、首のコリ

お家でセルフケア、首のこり

東洋医学では、首のコリは『気や血』の停滞によるものだと考えます。

ストレス、姿勢、運動不足、内臓の疲れ、冷えなどに関連しており、首のコリが悪化すると、睡眠障害や慢性的な肩こり、精神的不安、頭痛などの不定愁訴に繋がります。その為、首コリは放置しないように注意しましょう。

首のコリの症状

  • 首の前側が硬くなる方はストレスの影響によることが多い
  • 首の後ろ側が硬くなる方は胃腸が弱い方に多い

首コリに効くツボ

【崑崙・至陰・中渚・えい風】

崑崙や至陰は膀胱経という後頭部〜背中、腰、足を通る経絡上にあるので、背中、腰、足などのコリをほぐすにも有効です。
お風呂で足の崑崙や至陰、手の甲にある中渚、耳後ろのえい風を刺激して、全身の気と血の巡りを良くしましょう。

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください。

関連記事

  1. ダイエット、ストレスを減らすツボ

  2. ○○が弱いと”たるみ”がでやすい

  3. お顔のセルフケア(目の下のたるみ、上まぶたのたるみ)

  4. お家でセルフケア、眠れない

  5. お家でセルフケア、3つのツボで美顔を保つ

  6. お家でセルフケア、足のむくみ

  7. ニキビや吹き出物は身体の余分な熱

  8. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)のツボ

  9. お顔のセルフケア(口のまわりのたるみ、頬のたるみ)

error: Content is protected !!