体質チェック、気滞→気の巡りが悪い

体質チェック、気滞→気の巡りが悪い

「気滞」は全身を流れる生命エネルギーである「気」がスムーズに循環することが出来ない状態です。

気滞の原因は、気の流れを司る内臓である「肝」の不調です。肝は気の流れをコントロールする内臓です。感情をのびやかに保ったり、消化器官の働きを助けたりなどの役割を担います。

しかし、ストレスに対して弱く、精神的なダメージや疲れによって機能が正常に働かなくなってしまいます。

気の流れが滞ると情緒が不安定になり、イライラや怒りの感情が抑えられなくなったり落込みやすくなります。
また、女性の場合、生理痛や生理前の体調不良が出ることがあります。

肝の養生にはとにかく疲労やストレスなどを溜めないことが大切です。しっかりと休息をとって、自分にあったストレス解消法を見つけましょう。

気を巡らす食材

カジキマグロ
気を巡らす効果があり、胸や脇の張ったような痛みや生理不順を抑える

ジャスミン
気や血を巡らし、イライラや鬱傾向、不眠のほか、生理痛を抑える

ピーマン
気の巡りをよくし、イライラや緊張を和らげる。食欲回復にま効果がある。

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください。

関連記事

  1. 東洋医学で診る、体質チェック

  2. 東洋医学で診る、血不足のサイン

  3. 高級美容液に勝る「腎」を補う食べ物

  4. 舌で体質、体調チェック

  5. 爪は生活習慣の記録調

  6. 顔の鍼は全身症状にも効果的

  7. 【緊急事態宣言中の営業に関しまして】

  8. 美肌・便秘・疲労回復には”酵素ドリンク̶…

  9. 冷やす方が血行が良くなる

error: Content is protected !!