東洋医学「気虚」→気が不足している

気虚

東洋医学では「気・血・水」のバランスが崩れると体に不調をきたすと考えます。この「気・血・水」の3つは、人の体の構成要素と考えられています。

「気」は、人体の生命活動のエネルギー源です。「血」は、西洋医学における血液の血とは、少しイメージが異なり、全身に栄養を供給し潤すことと、精神活動の基礎物質という二つの働きがあります。「水」は、津液とも呼ばれ、体内の水分です。

「気虚」は全身を巡る生命活動エネルギーである「気」が不足している状態です。つまり体を動かす燃料が少ないので、少し動くとすぐに疲れてしまいます。

その他にも以下のような症状があります。

  • 疲れやすい
  • 手足が冷えやすい
  • 息切れしやすい
  • 食後に眠くなる
  • 風邪を引きやすい
  • むくみやすい
  • 胃もたれしやすい

「気虚」の原因

不摂生な食生活や過度なダイエットなどが原因で気を作るのに必要な栄養が不足すると、体を動かすために十分な量の気を生産することができません。

また、大量のエネルギーを一度に消費する激しい運動や長時間の労働の後には、一時的に気が不足した状態になります。その回復を待たずに、疲労や過労の状態が長く続くと、慢性的に気が不足した状態になってしまうのです。

一方で「気」は、食べたり飲んだりしたものを胃腸が消化・吸収し、そこからつくり出されます。そのため、胃腸がもともと弱かったり、機能が低下したりしていると、どうしても気が不足しやすくなります。

東洋医学で診る「気虚」

東洋医学の「気虚」にはいくつかのタイプがあるため、当院では問診により最適な治療を判断します。

  • やる気がない→脾虚
  • やる気が続かない→腎虚
  • やるかどうか決められない→心血虚
  • やるにはやるがすぐ疲れる→肺虚
  • やる気がないが、やりだしたらできる→肝虚

気をつくる食事

「気」が不足しているため、朝食を抜くと、夕方までスタミナが持たなくなってしまいます。朝食は一日の活動源と考えて、しっかりと食べましょう。ただし、食べすぎは逆効果です。

うるち米:気を補い、消化器官を助ける。イライラ解消にも効果的。
山芋:気だけでなく、身体の体液も補うことができる優れた食材。滋養強壮作用も強い。
鶏肉:消化器官を温めて気を補う。疲労や体力回復にも効果

気虚の方は消化器官が弱っている方が多いため、火を通して消化しやすい状態にすること。また、体を冷やすもの、生もの、脂っこいもの、甘いものは控えめに。

気をつくるツボ

気海(きかい):へそから指2本分下にあるツボ。

気を生み出す働きがあり、呼吸器系にも消化器系にも作用します。

気海(きかい)

足三里(あしさんり):ひざの皿の外側にあるくぼみから指4本分下にあるツボ。

元気を生み出すツボとして有名。胃腸の調子を整える作用もあります。

足三里(あしさんり)

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 東洋医学で診る、ストレスと感情

  2. 美容鍼と女性ホルモン

  3. 東洋医学で診る、舌の位置で美しい横顔を作る

  4. 東洋医学の瞑眩(めんげん)好転反応について

  5. 東洋医学で診る、甘いものを食べたくなる

  6. 東洋医学的体質診断(カウセリング)とは

  7. 東洋医学「気滞」→気の巡りが悪い

  8. 東洋医学で診る、体内時計を知る

  9. 東洋医学で診る「シミ」「シワ」「たるみ」がでやすい人

  10. 肌荒れ原因は内臓

  11. 東洋医学で診る〝汚デブ菌〟

  12. 東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

  13. 体質チェック、「血虚」→血が不足している

  14. 正常な老化と病的な老化のスイッチ

  15. 東洋医学で診る、眉間のシワ