お家でセルフケア、足のむくみ

足は心臓から最も離れている為、静脈やリンパ管の流れが滞ると、血液や体液、老廃物が流れず、足の皮下組織に余分な水分として溜まります。

東洋医学では、足のむくみは内臓と関わりがあり、「腎」と「脾」の働きが低下していると起こります。

腎臓の水分代謝力が低下すると、余分な水分を溜め込みます。

足のむくみのツボ

冷えによる症状に効果的な※「陰陵泉」や※「太けい」、腸の働きを高める※「関元」で身体に溜まった余分な水分を促し代謝をよくするツボを刺激してください。

また、脾の滞りを改善し、足の筋肉の疲れを緩和する※「陽陵泉」も刺激しましょう。

陽陵泉は胃腸の働きを活発にしてくれます。

足のむくみが長期間続くと皮下組織に老廃物が蓄積し、細胞が変異してセルライトになって足が太くなってしまいます。

むくみはほうちせずに早めのケアが大切です。ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください。

関連記事

  1. 美しさを引き出すツボ『コレだけ覚えておきたい』

  2. お家でセルフケア、顔のむくみ

  3. お家でセルフケア、くま・すくみ

  4. お家でセルフケア、代謝をあげる

  5. お家でセルフケア、目元のたるみ

  6. 東洋医学で診る、肩こり

  7. お家でセルフケア、肌荒れのツボ

  8. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)のツボ

  9. ニキビや吹き出物は身体の余分な熱

error: Content is protected !!