お家でセルフケア、眠れない

お家でセルフケア、眠れない

近年、睡眠に対するお悩みの方は増えています。

眠らなくては、という強迫観念を持ってしまっていたり日中のストレスを落ち着かせることなく布団に入ってしまうことで、脳が興奮状態=交感神経優位になっています。

東洋医学では気がかりなことがあったり、夜に色々考え事をして寝つきが悪い場合は「心」が弱っていると考えますので、精神を落ち着かせるツボ【神門・内関】がおすすめです。

神門
内関

また、身体も心も疲れていて緊張感が抜けず、夜中に何度も目が覚めるのは「肝」の不調です。

寝る前に脳に集中した血流を下にさげる【失眠】やストレス症状を緩和する【肝兪】を温めたり刺激をしてください。

首や背中のコリが強く、呼吸が浅くなっていることも不眠につながっていますので、ホットタオルなどで首回りを温め、ストレッチをしてほぐしてからお休みください。

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください。

関連記事

  1. 「冷え性」などの冷え体質を改善するツボ

  2. ○○が弱いと”たるみ”がでやすい

  3. お家でセルフケア、足のむくみ

  4. 自律神経のバランスを取り戻すツボ

  5. お家でセルフケア、肌荒れのツボ

  6. お顔のセルフケア(目の下のたるみ、上まぶたのたるみ)

  7. お顔のセルフケア(二重あご・首のつまり(たるみ))

  8. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)のツボ

  9. ほうれい線は「シワ」ではなく頬の「たるみ」

error: Content is protected !!