1日の美容リズムは朝食から作られる

朝食を摂る、摂らない、色々な考え方がありますが、体にとっては朝食を食べることは、私たちの体がこれから活動するための準備をする上でとても重要な役割をしてくれます。

朝食を食べると消化に関わる内臓が動き出します。
その時に発生した熱が寝ていた間に体温が低下した私たちの体を温めてくれるのです。
車で言うと走り出す前にエンジンをかけて準備をしている状態になります。

実際に朝食をとっている人ととっていない人では体温上昇、また体温維持にも差が出ていると言う研究結果もあります。

朝起きてすぐはお腹が空いてない、食べられないという人も多いでしょう。
そういう方は、朝起きてお布団の中で「中かん」のツボを押してみましょう。

『中脘(ちゅうかん)』腹部のあるツボ

おへそから指幅4〜5本分上にあります。
みぞおちとおへその中間。

息を吐きながらゆっくり押して、ゆっくり圧を抜いてください。これを3回すると胃が元気になります。

朝食を摂ることは一日元気に過ごすために要となります。
体の機能や免疫力を維持、美容のために1日のリズムを整えていきましょう。

関連記事

  1. 新月と満月の東洋医学

  2. 腸内にいる〝汚デブ菌〟

  3. 頭皮の凝り・むくみ

  4. 肌と心と身体に関わる女性ホルモン 

  5. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)

  6. 東洋医学でエイジングケアの時間帯

  7. ダイエットの耳ツボ

  8. 夜眠れない方は、朝日を浴びる健康習慣!

  9. 炭酸水の効果とは?

error: Content is protected !!