悲しみは肌荒れの原因にー感情と身体の関係ー

東洋医学では、度を超すような強い感情も、体に不調をきたす原因の一つになると言われています。つまり「体に現れる不調」と「心」を密接につなげて考えます。

東洋医学では万物を5つの元素(木火土金水)に分けて考え、それに対応する情緒の部分を「五志(怒喜思悲恐)」と言います。

この「五志(怒喜思悲恐)」に「憂」と「驚」の2つをプラスしたものを「七情」といいます。これら感情と体の各臓が対応しており、五行との関係で各臓に影響を与えると考えます(肝心脾肺腎)。

五行
五臓
五志悲・憂恐・驚

これらの感情が長期間乱れることで、内臓に影響し、病気を引き起こします。その逆で、長期間の内臓の不調は感情にも影響します。このように「体に現れる不調」と「心」といった内側からの病因を「内傷(ないしょう)」と言い、特に七情が病因となることを「内傷七情」と言います。

感情と身体の関係

○怒り → 肝
怒りっぽい、いつもイライラする怒りのパワーは肝臓に影響します。肝臓は血流の調整を行なうので、肝臓の元気がなくなると 肩こり・頭痛・不眠・目の疲れなどが起こりやすくなります。

○喜び → 心(脳・心臓)
過剰な喜びは集中力を低下させ、動悸・不眠・不安を呼び起こします。

○思い → 脾(消化器系)
思い悩んでいる時には食事が喉を通らないものです。内臓の栄養不足にご注意ください。

○悲しみ・憂い → 肺
皮膚(肌)や喉、鼻といった呼吸器系への症状が出やすくなります。

○驚き・恐れ → 腎
生命エネルギーを蓄える腎臓に影響すると、無気力になったり疲れやすくなります。冷え・むくみ も腎との関係が深いです。

心と体には関係性があり、ハリニーでは身体からアプローチして心も整えていきます。
また、自分の心のクセを見直すことで、身体の状態は変わります。

関連記事

  1. 東洋医学で診る、便秘

  2. 東洋医学的に診る、舌の位置で美しい横顔を作る

  3. 体質チェック、「気滞」→気の巡りが悪い

  4. 体質チェック、「血虚」→血が不足している

  5. 体質チェック、「気虚」→気が不足している

  6. 東洋医学で診る、シミがでやすい人

  7. 東洋医学的体質診断(カウセリング)とは

  8. 体質チェック、「水滞」→水の巡りが悪い

  9. 東洋医学で診る、甘いものが好きな人

error: Content is protected !!