同じ年齢でも”老けて見える人“と”若く見える人“

世の中には、年齢に関係なく、いつまでも若々しい方がいます。なぜ、年齢を重ねても、歳を感じさせない人がいるのでしょうか。

そのヒントが「若さ」を自分で決めること、「たるみ」の原因となる胃腸虚弱を改善することの2つです。

実は「若さ」は脳が決めるということが認知科学で証明されています。つまり彼女たちが「若さ」を決め、脳がそれを実現するように働き、若々しく生きられるということなのです。

老けて見える最大の原因は「たるみ」

一方で、老けて見える最大の原因は「たるみ」です。

「たるみ」は老化現象の一つで、年齢と共に現れてくるものです。しかし同じ年齢なのに驚くほど肌がピンとしている人もいます。その違いはなぜでしょうか?

たるみは、東洋医学でいうところの“脾(ひ)”がポイントとなります。脾は、皮膚や内蔵を本来あるべき位置から下げないように、維持する働きを持っています。この働きが衰えると顔がたるんできます。

この働きが衰えてくるのは、生活習慣やストレスなど色々ありますが、体質的な要素が大きく左右しています。「たるみ」が早くから現れる人の体質は『胃腸虚弱』にあります。

胃腸が弱いと栄養吸収が不十分で、全身の筋肉が弱い傾向にあり、顔の筋肉も弱くなる為、たるみ症状が早いうちから出てくるのです。

体質を改善することで見た目年齢に差が出でくるのです。

胃腸虚弱に効くツボ

それでは早速、『胃腸虚弱』に効く、ツボ押しについてご紹介します!

○中脘 (ちゅうかん)
みぞおちとおへその真ん中にある。内臓機能全般の働きを活発にし、全身を強化する

○天枢(てんすう)
おへそから指3本分外側にある。消化器系の不調によい

○足三里(あしさんり)
ひざのお皿の下の外側のくぼみから指4本分下にある。消化器系の不調や未病の改善によい

効率よくエイジングケアしましょう!

関連記事

  1. 美しい肌になるために!美肌になる食べ物

  2. 東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

  3. 紫外線で「毛穴が開く」とは

  4. 口の中の味で身体の状態を知る

  5. 最新研究のアンチエイジング物質

  6. 爪は生活習慣の記録調

  7. 美肌を作る摩擦のない洗顔方法

  8. 若返りの秘訣オートファジー

  9. 顔色で内臓の弱点を知る

error: Content is protected !!