耳が硬い時はエネルギーが弱っている

耳が硬い時はエネルギーが弱っている

耳は柔らかいのが理想的です。
耳を根元から前に倒した時に痛みもなく自然に折れて、離せば耳が自然に戻るのであれば問題はありません。

東洋医学では耳と腎と深い関係があります。
※腎は生命エネルギーを蓄えて、成長や生殖、水分代謝をコントロールする働きがあります。

仕事などで忙しい毎日を送り、疲れている方は耳がかちかちになり、折り紙のようにパキンと折れ、痛みがあります。そんな時は腎のエネルギーも弱っています。

そして、腎は腰とも関係があり、耳が硬い方は腰痛もちの方が多いです。

特に気をつけたいのが耳の小さい方です。
耳が大きい方は生まれつきエネルギーを多く持っていると考えられますが、
小さい方はもともとのエネルギーが少ないのでバテやすく、集中力が切れやすくなります。

常に耳を柔らかくすることが大切です。

耳マッサージ

・耳の後ろに指をあてて、根元から前に倒す
・耳の上と耳たぶがくっつく様に耳を上からあげる

常に耳を柔らかくすること〝腎〟の働きを整えることができますのでお試しください。

関連記事

  1. 炭酸水の効果とは?

  2. 顔色で内臓の弱点を知る

  3. 体内の時間割を知って賢く生活する

  4. 若返りの秘訣オートファジー

  5. 新月はデトックスをしましょう

  6. 東洋医学で診る、「気」の停滞は精神に影響する

  7. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)

  8. お家でセルフケア、偏頭痛

  9. エイジングケアに使いたいオイル

error: Content is protected !!