高級美容液に勝る「腎」を補う食べ物

東洋医学で言う腎(じん)をケアするとアンチエイジングが叶います。
しかし、「腎(じん)」がパワーダウンするとすごいスピードで老けていきます。

東洋医学の「腎」とは、私たちの知る腎臓とは少し違います。

東洋医学では体を肝・心・脾・肺・腎の五蔵に還元して表現しています。この中の「腎」とは「腎気」のことです。「気」というのは臓器などに働いている力で、この「気」がないと各臓器は正常に働かないのです。

なので「腎」がパワーダウンするとは、「腎気」が弱っていることであり、その影響を受けている各臓器の働きが悪くなっている状態のことです。

「腎」がパワーダウンすることで起こる症状

「腎」がパワーダウンすることで起こる症状は腰のだるさ、頭が働かない、疲れやすい、抜け毛、耳鳴り、物忘れ、エイジングなどですが、この状態ではまだ西洋医学的な病気ではなく、いわゆる機能性疾患の状態になります。

しかし「腎」がさらにパワーダウンすると腎炎、膀胱炎、子宮疾患、難聴などのいわゆる器質性疾患になってしまいます。

かんじんかなめ(肝腎要)という言葉があるように、身体で大事な部分であり、「「腎」のパワーダウンは他の四蔵にも大きな影響を与えます。

また「腎」を回復させるのには、時間がかかります。なので「腎」を弱らせた原因を改善しながら、エイジングしないために腎を補う食べ物でケア(養生)しましょう!

おススメな食べ物のはこちらの3つ!

中医学の中には、万物を5つの要素に分けて、五臓や体質の弱い部分を簡便に見つけるための五行色体表(ごぎょうしきたいひょう)という物があります。

そこから読み解くと、腎を弱くする食べ物は、「甘い物」、一方で黒い食べ物は、腎を補う作用があると考えられています。

・黒きくらげ

・黒ごま

・黒豆

少しずつ毎日取り入れられてみてください。それが高級美容液に勝るアンチエイジングになります。当院スタッフは黒ごまを野菜炒めやお味噌汁、なんにでも入れています。

できることからサラっと軽やかに始めるのが毎日続けられるヒケツです。

【本コラムの監修】

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。


関連記事

  1. エイジングケアに使いたいオイル

  2. 「歳を取る」と「老化する」ことはイコールではない

  3. 口の中の味で身体の状態を知る

  4. 美肌・便秘・疲労回復には”酵素ドリンク̶…

  5. 新月はデトックスをしましょう

  6. 【緊急事態宣言中の営業に関しまして】

  7. 「若さ」が、理想的な美しさの基準?

  8. 美しい肌になるために!美肌になる食べ物

  9. Before-After

  10. 肌と心と身体に関わる女性ホルモン 

  11. 爪は生活習慣の記録調

  12. 美と若さの新常識、シナモンで若返る

  13. 慢性炎症が老化に直結する

  14. 自分らしく輝き続けること

  15. セレンディピティ(serendipity)

error: