舌で体質、体調チェック

舌で体質、体調チェック

口の中は、体質や健康状態など、さまざまな情報が集まっており、特に舌は変調のサインが真っ先に表れます。

東洋医学では人の身体は、気・血・水の3つの要素で構成されていると考え、体調を診るのですが、口の中はこれらがそろっている唯一の組織です。

血は、いわゆる血液で、舌の色や静脈から判断します。

水は血液以外の潤いで、全身を巡り、栄養分を届け、唾液の量や舌の潤い具合を確認します。

気は身体を温め、代謝のエネルギーを生み出し、舌の動きや形状から自律神経のバランスが分かります。

これらから、舌を診ることで自分の体調を客観的に把握することができます。

5つの舌の状態

皆様にも分かりやすい5つの舌の状態を紹介致します!

■舌の周りがギザギザしている

→これは”歯痕舌”といって、体内に水分が溜まって浮腫んでいる、または浮腫みやすい状態をあらわします。

■舌の色が白っぽい

→これは、体の血液が不足気味の状態です。東洋医学的には”血虚”といってくすみや、疲れ、冷えなどの症状が出やすくなります。

■舌の苔が白く分厚い

→これは、胃腸の疲れをあらわします。消化吸収の機能が少し元気のない状態です。老廃物が舌に溜まってきています。

■舌に大きなシワがある

→完全に水不足で、口が乾くだけでなく、ひじ・ひざ・かかともカサカサしていたり、髪がパサついていたりします。起きている時の水分の消費が激しいので、昼~夕方にかけて体が乾燥し、関節がきしむような痛みが出るなどの不調を感じるようになります。

■舌が紫色になっている

→ドロドロ血流タイプは血流が悪く、足先が冷えやすいなど、特に下半身が冷えます。また舌の裏側には、舌下静脈と呼ばれる太い血管があり、これが青黒く、ボコボコと出ていたら脳卒中のリスクが相当上がっています。

当てはまるものはございましたか?ハリニーでは舌や脈を診てお客様の体質・体調に合わせて施術を行います。

舌をチェックするのは朝起きてすぐがおすすめです。是非、ご自身の体質や体調を知るきっかけになって頂ければと思います!

関連記事

  1. 肌と心と身体に関わる女性ホルモン 

  2. お家でセルフケア、偏頭痛

  3. 頭皮の凝り・むくみ

  4. 新月と満月の東洋医学

  5. 【限定価格】現在ご来院いただいているお客様にお得なキャンペー…

  6. 【緊急事態宣言中の営業に関しまして】

  7. 若返りの秘訣オートファジー

  8. 3つをやめて体重コントロール

  9. 東洋医学でエイジングケアの時間帯

error: Content is protected !!