自律神経と鍼灸アプローチ

人の体には『体性神経』と『自律神経』という2つの神経あります。『体性神経』は、自分の意思などで動く筋肉を動かしている神経です。『自律神経』は自分の意思とは関係なく無意識に働き、呼吸・脈拍・消化・生殖・排便をコントロールする神経です。

この自律神経は、体の働きを活発にする「交感神経」と、体を休ませる「副交感神経」から成り、この2つが相反する働きでバランスをとっています。このバランスが乱れてしまった状態を「自律神経の乱れ」「自律神経失調症」という状態です。

実は「自律神経失調症」は、明確な診断基準がありません。医学的に説明できない病気であるものの、何かわからない不定愁訴の総称と言うことができます。自律神経失調症の方のほとんどは、一つの症状では無く、数多くの症状で悩まれています。

より具体的には以下の症状があります。これらの症状は一つだけではなく、同時に表れます。

身体症状耳鳴り、めまい、偏頭痛、動悸、息切れ、ほてり、不眠、便秘、下痢、生理不順、頻尿、残尿感、慢性的な疲労、だるさ、
精神症状イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる

鍼灸のアプローチ

「自律神経の乱れ」「自律神経失調症」は、出る症状の範囲が大きく、決まった治療法確立されていません。しかしながら目安として大きく二つのアプローチが考えられます。

まずは、頭痛や肩こりなどの症状がはっきりしている部位からアプローチしていきます。「自律神経失調症」は、症状が数珠つなぎで連鎖していることが多いため、一つ解決できるとその他の症状も次第に回復していく傾向があります。

次に呼吸に関係する筋肉(胸鎖乳突筋や肩甲骨内側の筋肉)を調節します。

自律神経が乱れるということは呼吸・脈拍・消化・生殖・排便に何らかの問題が表れており、この中で、唯一意図的にコントロールできるのが呼吸です。

深呼吸すると気持ちが落ち着くように、呼吸に関係する筋肉(胸鎖乳突筋や肩甲骨内側の筋肉)を調節することで、脈拍も整え、胃腸などへの血流を良くし、消化機能を整えることができます。

また、自律神経の乱れは身体症状だけではありません。イライラや不安やうつ症状などの精神症状もあります。この精神症状はすべて呼吸の乱れが伴っていることが挙げられます。呼吸そのものを整えることで、自律神経も整えることができます。これを意図的に自分で行っているのはヨガや瞑想などの呼吸法です。

最近の研究において刺鍼の効果によって、βエンドルフィンという神経ペプチドの分泌を活性化させ、自律神経の機能を活性させてくれるというデータもあります

自律神経が乱れる原因

自律神経が乱れる原因の一つに『ストレスの影響』が挙げられます。例えば人間関係の悩みや仕事でのプレッシャーによる精神的なストレス、過労による肉体疲労のなど、これらは自律神経の乱れの原因になります。

心と体の状態を活発にする交感神経と、心と体を休ませる副交感神経がうまくバランスを取りながら働いているおかげで、私たちの健康は保たれていますが、このバランスが崩れると心身に支障をきたします。これが自立神経の乱れた状態です。

生活習慣の乱れ、例えば夜遅くまで起きてたり、明け方にようやく寝たりするような不規則な生活、暴飲暴食なども自律神経のリズムを崩してしまいます。

鍼灸により全身のバランスを調整することで本来身体が持つ自然治癒力によって、ストレスに負けない健康な状態に少しづつ変わってくると思います。

【本コラムの監修】

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 体質チェック、「血虚」→血が不足している

  2. 東洋医学で診る、「気」の停滞は精神に影響する

  3. 目の疲れとツボ

  4. 睡眠中に夢をよく見る人は…

  5. 東洋医学と鍼灸

  6. 体質チェック→『血瘀』血の巡りが悪い

  7. 東洋医学で診るストレスと感情

  8. 東洋医学で診る、不安になる・落ち込む

  9. 東洋医学「水滞」→水の巡りが悪い

  10. 東洋医学的に診る、血不足のサイン

  11. 東洋医学で診る、甘いものが好きな人

  12. むくみやすい方〜水毒〜

  13. 東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

  14. 東洋医学的に診る、舌の位置で美しい横顔を作る

  15. 東洋医学の五臓とは

error: