美容鍼のリフトアップ効果

最近、お顔の大きくなったと感じるなら、それは「たるみ」「むくみ」「エラ張り」などのお顔のトラブルかもしれません。

お顔のトラブルの多くは、以前のブログで紹介した「ほうれい線」の原因とほぼ共通しています。

お顔のトラブルには、

  • 血流の停滞と筋膜の癒着による「コリ」
  • リンパ管の流れ(老廃物)の滞りによる「むくみ」
  • 口元を支える筋肉が衰えによる「たるみ」

があります。

お顔のコリ

来院される方の中には、表情クセで、顔の筋肉がコリ固まり、血液・リンパの流れが悪くなって、老廃物が溜まって肌が硬くなっている方がいらっしゃいます。

特にストレスで、歯ぎしりや食いしばりをされている方は、顎(あご)やエラの筋肉が固まり、フェイスラインが大きくなっています。

筋肉がコリ固まると、筋膜の癒着が生じ、その癒着によって、筋肉がスムーズに動かなくなるため、筋肉が硬くなり、コリが生じてさらにフェイスラインが大きくなります。

お顔のむくみ

むくみも、フェイスラインが大きく見えてしまう原因です。むくみは身体の血液やリンパの流れが悪くなり、通常時よりも余分な水分が肌の内側に留まっている状態のことです。

例えば、アルコールや塩分・糖分を摂取しすぎた場合、体内でアルコールを分解するため、それらを薄めようとするため、大量の水分を蓄えるために、それがむくみとなります。

その他にも体の冷えによって血流が悪くなることや、筋肉のコリによって、リンパが詰まって、老廃物が上手く排出できずにむくみが生じます。

表情筋のたるみ

最近は、マスクをして話すことが多くなり、お顔の大部分が隠れてしまうため、あまり表情を表に出さなくなっています。表情筋を動かさないと、筋肉が衰えてしまいます。

表情筋が衰えると、その上にある脂肪を支えきれなくなり、お顔のたるみを引き起こします。特に小頬骨筋や大頬骨筋、上唇挙筋といった口元を支える筋肉が衰えると、表情筋を支えることができなくなるため、たるみや、シワの原因にもなります。

またお顔の筋力の衰えると余分な脂肪がつきやすくなり、一度ついてしまうとなかなか脂肪は落ちません。

美容鍼のリフトアップ効果

リフトアップ効果を得るためには、筋膜の癒着を解消し、リンパ節を刺激して老廃物の排出を促したりするケアが必要になります。

しかし、筋肉やリンパにアプローチするためには、狙った箇所にピンポイントで刺激を与える必要があります。

美容鍼は、筋肉やツボをピンポイントで刺激をすることができるため、「コリ」「むくみ」「たるみ」ほうれい線に対して効果を出すことが可能です。

顔にあるツボや表情筋、リンパ節(リンパが集まる部分)に美容鍼で刺激をすることで、血流やリンパの循環を改善することができます。

美容鍼は、真皮層より深くにある筋肉まで届き、コリ固まった筋肉を緩めていきます。筋肉が緩むことによって、普段使わない筋肉が活性化され、動かしやすくなります。また筋肉が活発に動くことで、たるんだ皮膚がピンと引き締まり、綺麗なお肌、リフトアップができます。

関連記事

  1. 「しわ」は種類によって対策が違う!?

  2. 毛穴のポツポツ対策

  3. お腹に美容鍼をする理由

  4. 【質問】美容鍼って何ですか?

  5. ゴルゴラインの3つの原因

  6. 東洋医学で診る、敏感肌

  7. お肌の「透明感」の正体

  8. 美容鍼、HIFU、エレクトロポレーションのリフトアップ効果…

  9. お顔のゆるみは『糖化』

error: Content is protected !!