東洋医学で診る「アンチエイジング」

東洋医学では、「老化」を2つの大きな流れで捉えます。

1つは「陽から陰」への流れ、もう1つは「実から虚」への流れです。

古代中国では万物を「陰」と「陽」に分けて様々な現象を捉えてきました。

これを陰陽論といい、東洋医学にも用いられ、新陳代謝が活発で、体が熱を持つ状態を「陽」とし、新陳代謝が低下し、体が冷える状態を「陰」と考えます。

一方で「実」とは、体格がよく、積極的で疲れにくく、胃腸が強い状態のことをいい、「虚」は、華奢な体格や水太り、消極的で疲れやすく、胃腸が弱い状態のことを指しています。

加齢に伴い誰でも「陽から陰」、「実から虚」に向かっていくと考えられています。

この2つの大きな流れがある中で、私たちに何ができるかを東洋医学的な視点で考えてみましょう。

東洋医学的な視点

「気」の不足

2つの大きな流れの中で、東洋医学でいう「気」の不足で様々な老化が起こるとされています。

この「気」には、生まれた時に両親から受け継ぐ「先天の気」と、大気や日光(天気の気)と日々の活動を維持するための飲食(地の気)を通じて獲得していく「後天の気」によって老化、寿命などが決まります。

これらの「気」を貯蔵している場所が『腎(腎臓)』です。『腎』の機能が低下したり、不足している状態を「腎虚」であると考えます。この腎が弱る主な原因は不健全な生活習慣です。

『腎』は、身体の様々な機能に密接に関わっており、「腎虚」になると様々な衰えの症状が現れるようになります。

このような場合は『腎』を補うため、経絡や経穴を使って鍼灸治療を行います。代表例としては腰部にある「腎兪(じんゆ)」、足にある「三陰交(さんいんこう)」、手関節にある「陽池(ようち)」などがあります。

「血」の不足

一方で「全身をめぐり臓器の栄養源となる」のが「血」です。「血」は全身を流れていて、『肝』に貯められているものです。

この「血」不足した状態を「血虚(けっきょ)」、血が上手く流れなくなり、渋滞している状態を「血瘀(けつお)」といい、内臓機能の低下や精神的活力の低下などが生じて老化につながるとされています。

不足している「気」と同じく、「血」を補わなくてはならないので「腎」の時と同じような鍼灸治療を行います。

いずれにせよ、加齢によって血液の状態が悪くなるのではなく、血液の状態が悪いのは日々の生活習慣が良くないからです。

老化しやすい人は血液の状態が悪く肌に老廃物が溜まりやすくなっているために“たるみ”や“くすみ”を起こしやすくなります。

年を重ねても健康で美しくいるためには血流を良好に保ち、老廃物を排泄しやすい状態にして腎臓や肝臓を良好に保つことこそが若々しく生きる秘訣です。

究極のアンチエイジングは自分らしくあること

多くの人が、心と身体を別のものとして考えてきましたが、心と身体のつながりは深く、その関係に気づくことが大切です。

私たちが学んできた知識は、とても画一的なものであり、これを心や身体に当てはめようとすると、今度はそれが窮屈に感じてストレスが生じてしまいます。

東洋医学を通じて自分の体質を知り、それに合ったライフスタイルを営むこと、その究極の目的は「自分らしくあること」です。

私たちを取り巻く環境は、とても複雑で、様々な情報に溢れ、どう整理すればいいのかわからない状況にあります。自分が何を望み、現状に満足できているのかはっきりしない状況に苛立ちさえ感じてしまうこともあります。

そんな時、あなたにとって、気持ちのよい、心地のよいと思うものを見て、聞いて、感じて、触れること、それら五感を研ぎ澄まして、心と身体を透明にすることができれば、人は歳を重ねても美しいものです。

関連記事

  1. ホリスティック美容鍼灸とは?

  2. ハリニーではお顔だけでなくお腹にも鍼をします。

  3. セレンディピティ(serendipity)

  4. キレイになりたい「欲」と「望」

  5. 自分の年齢は自分で決める!

  6. 「歳を取る」と「老化する」ことはイコールではない

  7. 美しくなりたいではなく、美しくありたい

  8. 肌と心と身体はつながっている

  9. 美しさと幸せの関係

error: Content is protected !!