美容鍼とは?

美容鍼の効果

鍼には、「痛い」というマイナスイメージを持たれる方もいらっしゃいます。一方で、実際に施術を受けられたお客様の多くはその効果の高さを実感していらっしゃいます。

この鍼による美容効果には、2つメリットによるものと明らかにされています(顔面部への刺針におる美容効果の作用機序)。

1つ目のメリットが、皮膚に鍼を刺すことで「経皮吸収」が劇的に向上することです。皮膚は、外部の様々な刺激から体を保護しているため、美容液などが容易に皮膚を透過して体内に吸収されることはありません。しかし、鍼を利用して皮膚に微細な孔を開けることで、皮膚の「経皮吸収」が大幅に向上することが明らかになっています。

もう1つが、皮膚に微細な傷をつくることで、体に備わる自己治癒力により、その微細な傷が修復される過程で、皮膚の中で古なったコラーゲンが破壊され、新しいコラーゲンがつくられるということです。このことによって、しわ、傷痕、その他の美容の問題を改善し、皮膚の構造を再構築します。つまり、美容鍼はご自身が本来持つ再生能力を活用して、皮膚の若返りに効果を発揮します。

このように美容鍼が理想的なスキンケア方法であるということが、実証されているからこそ多くの人が高い効果を実感している理由です。

施術してすぐの効果は「リフトアップ」と「美肌」

施術が終わって真っ先に気がつくことは、引き締まったお顔です。お顔の場合は真皮層2mmを鍼によりダイレクトに刺激し、血行を良くすることで「むくみ」が解消されるため、パッと見てわかるほどのリフトアップの効果を実感して頂けます。

さらに、この刺激によって肌本来の再生能力が壊れた組織を修復しようとするため、新陳代謝が活発になり、コラーゲンやセラミドの分泌により、数日後にはハリのある肌になります。

症状別に効く「美容鍼」

  • シワ・たるみ

老け顔の象徴が、ほうれい線、ゴルゴライン、マリオネットラインなどの「3大老けライン」と言われるシワやたるみです。年齢とともに女性ホルモンが減少し、コラーゲンなどの肌弾力・保湿成分が減り、乾燥してシワ・たるみが生じやすくなります。また、顔の筋力が衰えることや、表情癖、噛み癖などもたるみをつくります。

シワ・たるみを改善するには、表情筋を動かすことが効果的ですが、美容鍼は、鍼で皮膚の真皮層まで刺激して、血流を良くすることができるので、即効性が期待できます。その結果、コラーゲンなどの代謝が活性化され、ハリや弾力を取り戻し、シワやたるみの改善につながります。

  • むくみ

「目元がはれぼったい」、「歳をとってむくみがひどい」などの悩みも多いですが、むくみの原因は、飲食、生活習慣、冷え、加齢などにより水分の代謝が滞ることです。これは水分を取りすぎているのではなく、水分が不足することで体が水分を溜めむように働いてしまうからです。また、ホルモン周期、睡眠不足、疲れからもむくみは起こります。

このむくみを取り除くためには、血液やリンパの流れを良くし、水分代謝に関わる肝臓機能を挙げて、余分な水分を排出させることです。美容鍼の小顔効果は、このむくみをとることが基本になっています。

  • くすみ・クマ

肌のくすみや目の下のクマは顔色が冴えず、疲れた印象を与えます。原因は血行不良、代謝の低下、紫外線、乾燥など様々です。また、加齢とともに肌のターンオーバーの速度が落ち、古い角質層が肌の表面にたまりくすんで見えることも原因です。

これらを解決するためには美容鍼によって肌の血行を良くすることと、ターンオーバーを促し、コラーゲンなどの生成を促進することで、角質層が厚くなったくすみの解消になります。

クマの改善には、青クマ、黒クマ、茶クマのどれにあたるかを見分けて、それぞれの原因を解決するツボに鍼を打つことで、薄くすることができます。

  • 乾燥・オイリー

乾いた潤いのない肌は、シワ、シミ、たるみ、くすみなど肌の老化のすべての原因になります。さらに全体は乾燥しているのに、Tゾーンはオイリーになるといった人もいます。

肌を乾燥や刺激から守る役割を果たしてくれているのがセラミドです。年齢とともにセラミドの生産量は減るため、加齢も乾燥の原因になります。また、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足なども乾燥の原因となります。

美容鍼で肌のターンオーバーを整え、保湿成分であるセラミドを増やすことで、乾燥予防につながります。

体の内側を整える「美容鍼」

美容鍼は、目に見える肌を美しくする美肌効果と、内臓や神経など目に見えない内側からアプローチして整える効果があります。

シミ、シワ、むくみ、くすみなどの改善で美容鍼を受けられる方が多いですが、美容鍼はこの両方から治療することで本来の美しさを引き出す効果があります。

  • 吹出物

顔は体の状態を表す鏡で、顔のトラブルで体の症状が分かります。例えば胃腸の状態が悪ければ、おでこに吹出物ができたりします。

顔や頭部、首にはツボが集まっているので、それぞれのツボを刺激することで内臓の調子がよくなり、吹出物ができなくなるという効果や、交感神経を落ち着かせてストレスを和らげるなども期待できます。

また、鍼は血行を改善し、新陳代謝を上げることができるため、肌のターンオーバーのサイクルを早めることで、吹出物が出来ない体質づくりにも役立ちます。

  • 首・肩コリ

姿勢の悪さから筋肉に負担がかかり、血行が悪くなって首・肩コリが起きやすくなりますが、悪化すると、頭部の血流が悪くなり、頭痛、肌荒れ、くすみ、抜け毛などの症状が出ることがあります。つまり肌を若返らせたい女性は、首や肩コリを同時に治すことが必要です。

鍼で硬くなった筋肉を刺激して緩ませることで、血行が良くなり、コリがほぐれます。ただし、効果を持続させるためには、日常生活の姿勢の悪さを改善することも必要になります。

  • 冷え症

冷え症で悩む女性はとても多いですが、血行が悪くなることで、むくみを起こして肌にも悪影響を与えます。

東洋医学では、冷え症は、「気」の不足や、「血」の巡りの悪さ、自律神経の乱れなどを原因と考えます。そこで「気」を補ったり、「血」の巡りを良くするツボを、顔だけでなく首や足にもあるので、そこに鍼を打つことで冷え症を改善します。

  • 抜け毛

抜け毛や薄毛には、頭皮の健康状態が大きく影響しており、育毛のためには頭皮の血行を促進してあげる必要があります。また、頭皮への鍼は、頭、目、首、肩回りが軽くなって、体が楽になるほかにも、頭皮のたるみを解消することで、顔のリフトアップ効果、くすみの改善も期待できます。

  • 花粉症

鍼治療を継続的に行うことで、体の自然治癒力を引き出して、アレルギー体質を根本的に解決することができます。特に目と鼻のツボには即効性があると言われています。

  • 自律神経

ストレスなどが原因で自律神経のバランスが乱れると、体を休めるべきタイミングに休めなくなってしまい、不眠やイライラ、耳鳴り、めまいなどの様々な症状に悩まされるようになります。
鍼には自律神経を正常な状態へ整えてくれる効果があります。鍼をベースにした美容鍼にも同じ効果があり、施術によって心身ともにリラックスできたという方も多くいらっしゃいます。

  • 不眠

寝る前や食後など、体を休めるべきタイミングになると副交感神経が活発になり、リラックスした状態を作り出します。しかし日々のストレスなどで副交感神経の働きが鈍くなると、夜になっても眠れなくなったり、気が張った状態が続いたりして、不眠に陥ることがあります。
鍼を打つと副交感神経の働きが活性化するため、イライラした気分が鎮まり、ゆったりとした気分になります。普段不眠に悩まされている方が、施術中にぐっすり休まれるケースもよくあります。

これらのように「美容鍼」は、体の内側から美しくなれる美容法とも言えます。

関連記事

  1. 美容鍼で眉間のシワを防ぐ

  2. ホリスティック美容鍼灸とは?

  3. 美容鍼に通う最適な通院期間・ペースは?

  4. 美容鍼でシワ・たるみ・くすみ(STK)のお肌の衰え防ぐ

  5. 美しさと幸せの関係

  6. 美容鍼による内出血